役立つベビー用品の見分け方|買い物上手なママになろう

ベビー

軽くてコンパクトが特徴

家族

外出時の持ち運びが便利

赤ちゃんのベビーカーはA型とB型の2種類に分かれます。A型は首が座ってない新生児の頃から使えるタイプで、B型はお座りができるようになる6〜7ヶ月頃から使用できるタイプです。B型ベビーカーとベビーバギーはよく似ている商品で、ベビーバギーの明確な定義はありません。一般的に、ベビーバギーと呼ばれる商品は、B型ベビーカーよりもさらに軽量化されていて、価格も手ごろなものが多いという特徴があります。ベビーバギーは、軽くて折りたたみがしやすくコンパクトという特徴を持つので、車や電車で移動する時に持ち運びがしやすいのがメリットです。車での移動でほとんど使用しないという時でも、コンパクトなので車に積んでおくことができます。ベビーバギーは、商品によっては4歳くらいまで使用できるものもあります。子どもが歩くようになってベビーカーに乗る頻度は減ったけれど、外出先などで子どもが疲れてしまった時にちょっと乗せたいというケースで使われることも多いでしょう。バギーボードという、ベビーバギーの後ろに取り付けられるボードを使用すれば、上の子はバギーボードに立たせて載せて、下の子はバギーに乗せるという使い方もでき、きょうだいがいて両方が疲れて歩きたくないとごねた時に便利です。B型ベビーカーと同様に、生後7ヶ月くらいから利用することができ、価格も1万円以下で購入できる商品が充実しているので、気軽に使えるベビーカー代わりのセカンドカーとして人気があります。