役立つベビー用品の見分け方|買い物上手なママになろう

ベビー

子供の靴の選び方

ベビーシューズ

選ぶ際のポイント

子供の身体的な成長はとても早く、衣服や靴など身につけるものはすぐにサイズアウトしてしまいます。買う側の親の気持ちとしては、ぴったりのサイズを買ってもすぐに小さくなってしまうからなるべく大きめを、と少し大きいサイズを購入する人もいるでしょう。しかし子供シューズは、子供の足に合っていないと成長を妨げてしまったり怪我をしやすくなったりと危険です。子供シューズ売り場には、子供の足の大きさを計測してくれる所もあるので、購入する度に測ってもらうとなお良いでしょう。子供シューズの選び方で気をつけなければならないポイントはいくつかあります。まず一つ目は、子供の足に合いやすいものを選ぶことです。足の甲部分がマジックテープになっているタイプは、着脱もしやすく便利です。中敷で調整しやすいかもポイントです。二つ目に歩きやすい靴であるかという点です。靴底が厚すぎるもの、重すぎるものはやめましょう。適度にそり返しが効く子供シューズは、ベタ足で歩く子供の歩行のサポートをしてくれます。三つ目につま先部分が広いものを選びましょう。子供は五本の指で地面をつかむようにして歩きます。ある程度指の自由がきく方が歩きやすいのです。ただしかかと部分は固定されていないと歩きにくいため、かかとはぴったり、つま先はゆったりと覚えましょう。子供にとって歩きやすいシューズが見つかったら、サイズ選びです。すぐ大きくなるからとあまりにも大きいものを選ぶのはやめましょう。目安はつま先に5ミリから10ミリの余裕がある程度です。メーカーやデザインによっても履き心地が変わります。子供自身で的確なサイズを選ぶことは難しくので、大人の目でちょうど良い靴を選んであげましょう。